おつまみって何故おつまみと呼ぶのか?

おつまみって「さかな」といわれたりしますが、
「肴」は、お酒のおかずの意味で使うことが分かりました。
他にもお酒のおかずの呼び方には「つまみ」や「あて」といったものがあります。
呼び方は異なりますが、意味はどれも同じ。でも、それぞれに語源や、使い方のニュアンスがあるようです。

おつまみって何故おつまみと呼ぶのか?

まずは「つまみ」の語源からみてみましょう。お酒を楽しむときのおかずを「つまみもの」と呼んでいたのが始まりで、

手でつまんで簡単に食べられるようなおかずが対象だったようです

今でも枝豆とかスルメ(乾きもの)や焼き鳥など指でつまんで気軽に食べるおかずを「つまみ」呼ぶことが多いです。

あて

では「あて」はどうでしょうか。「あて」とは主に近畿地方で使われる言葉で、意味として「肴」や「つまみ」と変わりません

語源は「酒席に『あてがう』おかず」からきていて、簡単で軽いおかずを指しています。

イメージとしては、お通しのような小鉢や小皿の料理でしょうか。

とはいえ、お酒を楽しむおかずに間違いはなく「肴」も「つまみ」も「あて」も、お酒に欠かせない存在ですね。

肴ってなに?

酒を飲むときに楽しむ対象のことです。
酒のつまみのことを指す場合が多いですが、
食品に限らず、酒の席での会話(上司の悪口)や余興・芸なども肴と言いますよね。

『さかな』の語源は、『酒』+『な』で、もともと副食(おかず)のことを『な』といい、『酒菜』、『酒魚』、『酒肴』と書きました。
つまり、本来は酒を飲むときの『な(おかず)』のことです。

ちなみに、
江戸時代以降、肴(さかな)として魚肉が食べられるようになると、生きてる魚(うお)のことも、『さかな』と呼ぶ人が増えました。

宅飲みのおつまみに缶つまはいかが??

宅飲みにちょっと贅沢なおつまみを!おすすめ缶つま10選!アレンジレシピも紹介します

2018.12.20